rss

HOME»  DTM 次世代M4/SCAR/HK416

DTM次世代M4/SCAR/HK416対応インストールマニュアル

従来のトリガースイッチと専用設計したDTM基盤を入れ替えるシステムとなり、従来の配線をDTMにハンダで取り付けるだけで簡単に組込みが出来るシステムとなっています。
プログラムモード
1.バッテリー選択モード
7.4vリポバッテリー及び11.1vリポバッテリーを選択して使用可能です。
2.ピストン後退保持プログラム
DTMでは、射撃後にピストンを任意のポジョンで止める事が出来ます。これはピストンとギアに常に適切なトルクを与えることでメカ駆動部の破損を減らすことが出来る技術です。
この技術を応用してピストンを後退位置で止めることによりリニアな射撃タイミングを提供できます。バッテリー・モーター等の出力により 8段階の設定が可能です。
3.バースト機能プログラム
従来のセミオート・フルオートに加えてセミオート・3点バーストを設定することが可能です。カスタムに合わせて設定が可能です。
4.サイクルコントロールプログラム
発射サイクルをノーマルからローサイクルに4段階の設定が可能です。
(カスタムベースの場合フルオートのみサイクルをコントロールできます。)
 DTMは、電子部品のため非常にデリケートな部品です。取り付けの際はお近くのプロカスタムショップにて組込みをお願いいたします。

お客様へのインストール時の注意

ストックチューブの締め込みの注意
DTM組み込みの際にストックチューブの締め込み位置は、一度奥まで締めこんでから溝に合わせて2回転戻してください。ピストンとスプリングガイドで内部で当たってしまいDTMを破損してしまいます。
モーターバックラッシュ調整時の注意
モーターグリップを付けた後に、バックラッシュ(イモネジ)で調整する場合、ロックが掛かるまで閉めこむとDTMを破損します。
セクターギアへの注意
10000発以上射撃した銃に組み込む場合、セクターギアを交換してください。これは純正でもSHS等社外品でもOKです。発売から約1年を経ちましたがノントラブルの次世代416がDTMの破損の状態になりました。
原因は、セクターギアのピストン開放部のギアが磨耗してピストンとのタイミングが合わなくなり、ピストンとセクターギアが噛みこんだ為です。交換時はセクターギアとピストンの交換もお勧めします。長く愛用して頂く為によろしくお願いします。

修理のお願い
DTMは100%修理可能です。
組み込み時のスイッチの破損     3000円税別 ご使用中の破損の場合は別途見積もりいたします。
FETor素子の破損            5000円税別 
上記DTM本体を送ってください。

銃本体事の場合別途組み込み工賃が掛かります。
DTMに配線付の場合は、作業工賃は掛かりません。

DTM開発組み込み現場からのさらに詳しい情報公開中

ミリブロにリンクいたします。

DTM次世代基本接続説明


タペットプレートスイッチの下にボルトストップスイッチがあります。


DTMインストール1配線

ハンダの付け方。
http://


次世代M4ソーコムのフロント配線の場合


マイナス信号線をモーターに行く、マイナス線に割り込まして下さい。
配線が邪魔にならずにキレイに組込できます。

DTM次世代インストール 事前加工



DTM次世代インストール メカBOXインストールのコツと注意




組込みチェックとトラブルチェック

1.結線後チェック
◯メカBOXに組み込む前に、結線(ハンダ作業)が終了したら、モーターとバッテリーを繋げて下さい。ビープ音がこの段階で鳴るかチェック
◯トリガースイッチとボルトストップスイッチを、押してモーターが回るかチェック
2.​インストール後チェック(メカBOXを閉める前に事前に確認して下さい。)
◯配線の噛み込みが無いかチェック
◯トリガーがトリガースイッチを、押していないかチェックもしくは押せるかチェック
◯ハンダ部・ヒューズ金具にメカBOXへ接触が無いかチェック
◯ヒゲバネ等が干渉していないかチェック
◯組込みギアに多量にグリス/オイルが塗ってあると飛び散りショートの危険性があります。
◯ストックチューブの締めすぎに注意して下さい。通常閉め込んでから溝に合わせて2回緩めて下さい。その後ストックリングを締めこんで下さい。

3.組込み終了時のチェック

◯バッテリーのプラス・マイナスは間違いないでしょうか?
バッテリーを付けて確認作業に入ります。
1.バッテリーを繋げた時に、ビープ音がする。 OK  しないNO再度分解配線チェック
2.セレクターをセミオートに入れトリガーを引く 撃てるOK  撃てないNO
撃てない場合
A.モーターの端子が、プラスマイナス共刺さっていますか?
B.ボルトストップのバネにテンションがちゃんと掛かっていますか?
C.トリガースイッチが、トリガーで押せていますか?
D.モーター壊れていませんか?

​4.設定時のチェック

基本は純正品をベースに設定されているので、カスタムの度合いやバッテリーの容量により、DTMは制御が異なります。お客様のベースに合わせて設定して下さい。出荷時は、オール1の設定です。純正そのままの場合は設定変更しなくても十分なパフォーマンスをお約束しますが、お好みに合わせての設定が可能です。

設定1バッテリーの設定プログラム (各設定は説明書を御覧ください。)

リポバッテリーをお想定して7.4v/11.1vの設定が出来ます。
純正の8.4vは7.4v設定でご使用ください。
リフェパッテリーの9.9vは7.4v設定でご使用下さい。

設定2 ピストン後退保持プログラム

このプログラムは、切れの良いトリガーフィーリングを体験出来るようにしたプログラムで、1~8までの段階で後退保持の設定が可能です。後退保持を設定するとピストンが引かれた状態で停止してそこから動き射撃に移ります。したがって後退が過ぎると2発撃ちになる場合があります。この場合後退位置を下げて下さいまた初弾が装填されませんのでご注意下さい。

設定3.バーストコントロールプログラム

DTMでは3点バーストを実現しました。1トリガー引くごとに3発づつ発射が可能です。1~8段階で上げれば増えていきます。
但しカスタムの場合(ブローバック機能等)をした場合サイクルが上がり4点バーストになる場合があります。
この場合カスタム内容に応じて設定下ください。

設定4 発射サイクルプログラム

このプログラムは、発射サイクルを4段階で設定することが可能です。1..秒間10~12発 2.秒間12~15発 3.秒間15~18発 4.秒間18発以上
となりお客様のカスタムにより、秒間は異なります。純正ギアの場合設定2~3をおすすめしています。

DTMはシステム上セクターギアのカムで、カットオフレバーが動くのを感知して作動させているので、フルオートからセミオートに切り替えた時にカム位置が悪いとバーストの様に射撃してしまう場合があります。その場合ピストンの後退保持を下げるか/上げるかして設定した下さい。現状の対応方法はこれしかありません。またセミーオート時には、ボルトストップが作動しますがフルオート時にはボルトストップが、かかりにくいのです。