rss

HOME»  DTMRev2

DTM Rev2組込み方法と設定方法

DTM Rev2の機能
1.バッテリー選択モード

リポバッテリーモード(低電圧判定モード付き)と他バッテリーモード(低電圧判定モード無し)の設定が出来ます。
2.ピストン後退保持プログラム
DTMでは、射撃後にピストンを任意のポジョンで止める事が出来ます。バッテリー・モーター等の出力により 8段階の設定が可能です。お好みのセッティングが可能です。
3.バースト機能プログラム
従来のセミオート・フルオートに加えてセミオート・3点バーストを設定することが可能です。カスタムに合わせて設定が可能です。
4.サイクルコントロールプログラム
発射サイクルをノーマルからローサイクルに4段階の設定が可能です。
5.リアルカウントモード
スタンダードでは今まで出来なかった、リアルカウントが可能になります。
20発・30発の任意設定で射撃後3秒間停止後発射可能の擬似モードです。
今後発売のオプションスイッチを使用すると、ボルトストップ解除やコッキングレバー解除が可能となります。
.モーターブレーキモード
DTMの新機能として、ピストンの制御に、モーターブレーキ(MB)を搭載しました。
MBはピストンの後退保持時に保持が安定しない時(ベアリング仕様等)にご使用ください。
MBの使用の際はバッテリーを消耗するのでご注意ください。

DTM Rev2 基本配線図と注意事項
東京マルイスタンダードVer2メカBOX用
対応検証済み G&G  VFC
香港系Ver2はギア位置・ピン位置等マルイ純正と違うので対応できません。

1.配線は、純正の太さのコードをご使用下さい。太いと通らない場合があります。
2.各スイッチは、横方向の力・衝撃に弱いので破損に注意して下さい。破損の場合実費3000円で修理可能です。
3.現状オプションコネクターの販売は、5月頃の予定となります。
4.ハンダは、予備ハンダを必ずして下さい。(予備ハンダ=配線にヤニ付きハンダで温めて表面の酸化した面を溶かしハンダのくいつきを良くすることです。)ハンダは20秒以内にお願いします。
5.ハンダ作業のさい、他の部分を溶かさないようにご注意下さい。
6.ハンダを多く盛りすぎると、基板内もしくはメカBOX内でショートする場合があるのでご注意下さい。
7.ギアは、必ずシム調整を行ってから組み込んで下さい。セクターギアが、基板に干渉して破損する場合があります。
8.マルイ純正ギアでは起きないですが、セクターギアのカットオフレバー用カムで、進角スイッチを読んですべて をコントロールしているので、他メーカー製の場合進角が早めに上がる場合があります。その際に初動が検 知されずに、全く動かない場合がありますが、その場合トリガーオン状態の開放モードでピストンを後退させてから、設定モードで後退位置に設定1から2及び3以降にして下さい。(特にVFC)
 



DTM Rev2裏面の各パーツの説明
DTM Rev2は写真のセミオートスイッチが、セレクタープレートで押されるとセミオート射撃となります。
セミ・フルスイッチが2点共、セレクタープレートで押されるとフルオートの射撃となります。

注意・セレクタープレートの変形等があると、セレクターの位置とずれる場合があるので、その際はセレクタープレートを加工する場合があります。上記の様に1つ押し/2つ押しと成るように調整して下さい。
 

東京マルイG3系Ver2メカBoxの場合セレクタープレートを加工します。
加工用PDFをDLして下さい。
G3/SAS用テンプレート

配線図フロントバッテリー

 

配線図リアバッテリー

 

1.DTMに信号線を、ハンダで組み込んで下さい。 


赤丸「GND」に信号線をハンダで組み付けて下さい。
2.モータープラス線をDTMの「MOT」にハンダで組込します。
3.バッテリープラス線を、DTM「BAT」にハンダで組込します。
4.DTMと配線をメカBOXに組込します。


注意・信号線はメカBOXの後方で、マイナス線に割り込ませて下さい。
5.マスナス配線を組込します。

青いチューブ近辺で被覆を剥いて、信号線をハンダで割り込まして下さい
6.事前にシム調整したスパーギアを組込みします。 
7.セクターギアのカムの位置に注意しながら組込みします。

注意・セクターギアを組み込む時に、進角スイッチとカムを逆位置にして逆時計回りに、回しながら組み込むとスムーズに組込みが出来ます。
8.スパーギアを時計回りに回して噛合を確認して下さい。

後は通常通りの組込みとなりますが、タペットプレートを組み込む時に、セクターギアが飛ばないように注意して下さい。飛ぶと進角スイッチを破損する場合がありますのでご注意下さい。

DTM Rev2トリガーの加工


DTM Rev2ではトリガーストロークを物理的に、詰めることが可能です。
その際に上記の様にトリガースイッチを押す部分(上部)と、メカBOX内でのカサ上げ部分(下部)にプラ版等でカサ上げして下さい。詰め過ぎるとトリガースイッチを押した状態になりバッテリーをオス繋ぐとビープ音が鳴り作動しません。お好みとなりますので注意して組み込んで下さい。
またもっと詰めたい場合は、メカBOXのトリガーが当たる部分に0.5mm~程度のカサ上げをするとツメられます。
現在付属パーツを入れるか検討中です。


組込みチェックとトラブルチェック

1.結線後チェック
◯メカBOXに組み込む前に、結線(ハンダ作業)が終了したら、モーターとバッテリーを繋げて下さい。ビープ音がこの段階で鳴るかチェック
◯トリガースイッチを、押してモーターが回るかチェック
2.​インストール後チェック(メカBOXを閉める前に事前に確認して下さい。)
◯配線の噛み込みが無いかチェック
◯トリガーがトリガースイッチを、押していないかチェックもしくは押せるかチェック
◯ハンダ部・ヒューズ金具にメカBOXへ接触が無いかチェック
◯ヒゲバネ等が干渉していないかチェック
◯組込みギアに多量にグリス/オイルが塗ってあると飛び散りショートの危険性があります。
3.組込み終了時のチェック
◯バッテリーのプラス・マイナスは間違いないでしょうか?
バッテリーを付けて確認作業に入ります。
1.バッテリーを繋げた時に、ビープ音がする。 OK  しないNO再度分解配線チェック
2.セレクターをセミオートに入れトリガーを引く 撃てるOK  撃てないNO
NOの場合
セクターギアが進角センサーを押したままになっているので、設定モードでピストン後退位置を下げて下さい。
3.セミオート時に、後退保持が安定しない場合は、モーターブレーキモードをご使用下さい。
モーターブレーキモードは、モーターにブレーキを掛け数あるカスタムの幅に対応するために採用しました。
しかしながらあまりにも強いスプリング等は、安定しない場合があります。また引くのと逆に止めるのにも電流を消費しますので、バッテリー持ちは落ちます。

DTMの開発組み込み現場からのさらに詳しい組み込み情報

ミリブロにリンクいたします。