rss

HOME»  DTM3

DTM Rev3の組み込み方法と設定方法

DTM3の機能説明
DTM3は東京マルイVer3メカBOX及び次世代AK/G36系に対応致します。
台湾系のメカBOXには多少の加工でつく場合がありますが、中華の場合その限りではありません。
またセレクタープレートを使用してセミオート/フルオートの切り替えをしているので場合によっては加工が必要となります。

作業前に瞬間接着剤とプライマーのアルテコをご用意下さると作業がスムーズに出来ます。
 
1.バッテリー選択モード
7.4vリポバッテリー及び11.1vリポバッテリーを電圧で自動判別するモード1とその他のバッテリー用のモード2の設定があります。モード1にはリポバッテリーへの電圧低下警告ブザーが鳴ります。

2.ピストン後退保持プログラム
DTMではピストンを後退位置で止めることによりリニアな射撃タイミングを提供できます。バッテリー・モーター等の出力により 8段階の設定が可能です。

3.バースト機能プログラム
セミオート・フルオートに加えてセミオート・3点バーストを設定することが可能です。チューニングの度合いにより1~8段階で調整が可能です。

4.サイクルコントロールプログラム
発射サイクルをノーマルからローサイクルに4段階の設定が可能です。
Ver3はAK用に特にローモードは秒間10発前後まで落としています。

5.リアルカウントモード
20発・30発で3秒止まるモードを設定できます。オプションでスイッチでリセットも可能です。

6.モーターブレーキモード
各種チューニングにより、作動が安定しない場合にモーターにブレーキをかけて作動を安定させます。

7.セレクターポジション変更モード
Ver3の使用銃には、セレクターが上下逆のモデルもあるので変更できる様に対応しました。


DTM3 基本配線図と注意事項
1.配線は、純正の太さのコードをご使用下さい。太いと通らない場合があります。
2.各スイッチは、横方向の力・衝撃に弱いので破損に注意して下さい。破損の場合実費3000円で修理可能です。
3.現状オプションコネクターの販売は2014年末の予定となります。
4.ハンダは、予備ハンダを必ずして下さい。(予備ハンダ=配線にヤニ付きハンダで温めて表面の酸化した面を溶かしハンダのくいつきを良くすることです。)ハンダは20秒以内にお願いします。
5.ハンダ作業のさい、他の部分を溶かさないようにご注意下さい。
6.ハンダを多く盛りすぎると、基板内もしくはメカBOX内でショートする場合があるのでご注意下さい。
7.ギアは、必ずシム調整を行ってから組み込んで下さい。セクターギアが、基板に干渉して破損する場合があります。
8.マルイ純正ギアでは起きないですが、セクターギアのカットオフレバー用カムで、進角スイッチを読んですべて をコントロールしているので、他メーカー製の場合進角が早めに上がる場合があります。その際に初動が検 知されずに、全く動かない場合がありますが、その場合トリガーオン状態の開放モードでピストンを後退させてから、設定モードで後退位置に設定1から2及び3以降にして下さい。



DTM3取り付け1(例VFC AMD65)

メカBOX内部パーツは一度すべて取り外してください。この状態から取り付けします。

次にメカBOX内にDTM3を入れて、収まるかどうかをチェックしてください。
この際にセクターギアを、スイッチに気をつけながら基盤と当たる部分が無いかをチェックしてください。


組み込みのねじは、2×4のタッピングネジをご使用ください。
当たる場所等がなければハンダの作業に入ります。

信号線を取り付けます。

次にバッテリー線+とモーター線+を基盤にハンダで取り付けます。
注意・なるべく内側に向けてください。なるべく低くなるように取り付けてください。
セレクタープレートがハンダ部の真上を通るので金具は取り外してください。

この様に先にハンダで配線を組みつけても後からメカBOX内に入れることが出来ます。

先ほどの説明の様に、組み込むとハンダで付けた配線はほぼ面位置になるのでご注意ください。

セレクタープレートは、製品によってエッジが立ってたりしてセレクタースイッチを破損する場合があるので、
その場合瞬間接着剤+アルテコ等で隙間を埋めてください。
次にギアの組み込みととなりますが、シムはセレクターギアがDTM3本体に当たらないように調整してください。
海外のメカBOXだとかなりシム調整はがんばってください。

ギアのシム調整が終わったら、最後にトリガーをセットしてください。その時にトリガースイッチの破損に注意してください。上下の力には問題ありませんが左右の力には脆いのでご注意ください。



最後に信号線を(-)線に組み込んで終了です。
AK系のリンクには非常に癖がありセミオートとフルオートの切り替えが困難な場合があります。
リンクパーツのヘタリ等もあるので場合によっては交換の必要がある場合があります。
もしくは先ほど紹介したセレクタープレートに0.1mmのプラ版等を貼ってリンクの動きでスイッチを押せない場合は調整することも可能です。
 

E&L社Ver3メカBoxでもトラブル
DTM-3の不調の原因として赤丸内の、フレームがDTM基盤に接触することにより、デッドアースとなり作動不良が起きていました。
E&LVer3対策として基盤に当たる部分を、1mmほど切削してデッドアースを防止しました。
これで作動は完璧となりました。